創設期の頃

明治36年の日本は日清戦争が終わり、日露戦争が始まろうとしていました。
このとき、朝鮮半島や中国大陸を結ぶための国内の交通路は、すでに当時私鉄であった 山陽鉄道が神戸〜下関(開業当時は馬関)間を開業させ、広島では、広島駅と宇品港を結ぶ陸軍の 軍用鉄道としての宇品線が開通していました。
ところが、呉では、呉鎮守府や海軍工廠が設置されていながら、広島と結ぶ陸路は細い山道しかなく、 もっぱら海上輸送に頼るしかありませんでした。したがって、広島と呉とを結ぶ鉄道の敷設は、 地元はもとより軍事面から強く求められていたのでした。

1903年(明治36年)開業当初の呉駅

1903年(明治36年)開業当初の呉駅

昭和初期二河鉄橋上の汽車

昭和初期二河鉄橋上の汽車

明治5年(1872年)
日本最初の鉄道(新橋〜横浜間)開業
明治27年(1894年)
私鉄の山陽鉄道(現山陽本線)が糸崎〜広島間を開通させ、神戸〜広島間を開業
明治34年(1901年)
官設鉄道として海田市〜呉間の起工
明治36年12月27日
(1903年)
呉線 呉〜海田市間開業(駅=呉・吉浦・天応・坂・矢野)
 
明治37年(1904年)
呉線の営業を山陽鉄道に委託
明治39年(1906年)
鉄道国有法公布。山陽鉄道は国に買収され、呉線は再び官営となる
大正3年(1914年)
小屋浦駅開業
大正9年(1920年)
海軍構内鉄道開通
大正12年(1923年)
呉駅増改築工事竣工(起工:大正11年)。2代目の駅舎完成
昭和2年(1927年)
三呉線 三原〜呉間の起工
昭和3年(1928年)
狩留賀浜臨時停車場設置(夏季海水浴シーズンのみ)
昭和5年(1930年)
三呉線 三原〜須波間開業
昭和6年(1931年)
三呉線 須波〜安芸幸崎間開業
昭和7年(1932年)
三呉線 安芸幸崎〜竹原間開業
昭和9年(1934年)
呉線 広島〜呉線でガソリンカーの運転開始(昭和15年頃までに廃止)