次の駅へ(呉方面) 次の駅へ(三原方面) ウインドウを閉じる 地図 J-POWER電源開発樺|原火力発電所 スナメリクジラ廻遊海面 福田社倉

J−POWER電源開発樺|原火力発電所  J−POWERでんげんかいはつかぶしきがいしゃたけはらかりょくはつでんしょ

竹原火力発電所 ビオトープ ビオトープ
昭和42年の1号機完成以来、西日本の電力供給源として重要な役割を担っている火力発電所です。 現在は3基の発電機を有し、合計出力130万kWを誇ります。発電所本館の見学を通じて、 作られた電気の利用方法などが学習できるほか、展示館ではパネル展示やシュミレーションゲームを 通じて、発電のしくみや環境対策について楽しく分かりやすく学べます。 また海の展示室では温排水を利用して飼育されている様々な魚たちと出会えるほか、 屋上からは瀬戸内海の島々や四国山脈の素晴らしい景観が楽しめます。(要予約)
<お問い合わせ>0846−27−0211 
自然環境学習公園ビオトープ(電源開発株式会社竹原火力発電所内)
地球環境保全に向けた取り組みの一環として、自然環境との共生を目指し、 でんぱつ竹原火力発電所「ふれあい公園」の一角に、ビオトープ(野生生物が持続的に生息する ひとまとまりの空間)を整備しています。水辺の動植物に実際に触れ、自然学習の観察等に利用できます。
<お問い合わせ>0846−27−0008
安芸長浜駅より徒歩約3分

スナメリクジラ廻遊海面  すなめりくじらかいゆうかいめん

スナメリクジラ廻遊海面
安芸長浜駅、大乗駅の南側の瀬戸内海は、国の天然記念物・スナメリクジラの生息海域として 指定されています。(昭和5年11月19日 指定)
指定当時は30〜50頭群遊していましたが、現在はまれにしか見ることができません。
大乗駅より車で約5分

福田社倉  ふくだしゃそう

福田社倉
江戸時代、飢饉に備えて穀物を蓄えるために建てられた倉です。竹原市史跡。
大乗駅より徒歩約20分